センター長よりごあいさつ

がん登録による情報開示は
治療成績の向上につながります

鳥取大学医学部附属病院がんセンター
センター長 磯本一

がん登録推進の動き

がんについて、年々新しい治療法が開発され、がん患者さんの生存率はめざましく改善していますが、次第に高度で緻密な医療が必要になっています。そこで、がん対策の一層の推進を図るため、がん対策基本法が平成19年より施行されました。この法律に基づいたがん対策推進基本計画でがん登録の推進が目標のひとつにされています。

がん医療レベルが全国的に向上するためには、がん医療の地域格差、施設間格差を解消し、質の高いがん医療が全国どこでも受けられるようにする必要があります。そのために必要なのが各地域、各医療機関におけるがんの治療成績です。

がん登録とは

これまで、地域ごとにがん診療連携拠点病院が指定され、院内がん登録としてがん患者さんのデータを蓄積してきました。各医療機関を受診したがん患者さんの年齢、性別、居住地、診断日、発見経緯、がんの種類、進行度、治療内容、生存確認情報などを集め、治療成績を公表しています。

このようなデータをもとに、がんの治療成績向上のために何をすべきか明らかにしていきます。治療成績の優劣の原因を調べることにより、改善すべき点を知ることができるわけです。また、患者さんにとっては治療成績の良い病院、希少な疾患を治療できる病院を探す手がかりにもなります。

2013年12月には「がん登録等の推進に関する法律」が成立し、全国のがん登録制度を推進する法的根拠ができました。これは、鳥取県が実施しているような地域がん登録の全国実施(全国がん登録)と院内がん登録の実施を義務付けるものです。

がん登録の意義

全国規模でがん患者さんの状況を正確に把握し、医療関係者だけでなく患者さんやご家族にも情報提供をすることによって、がん医療の質の向上とがん予防を推進します。もちろん個人情報は厳格に管理されますが、患者さん個人の承諾を得ることなく、がんの全数を把握できることになります。

がん登録の課題のひとつであった個人情報保護の議論が乗り越えられたことにより、がん登録のデータが一層活用されるものになると期待されます。

鳥取県は、がん診療連携拠点病院に加えてがん診療連携拠点病院に準ずる病院に対しても院内がん登録を支援しています。院内がん登録は特に治療についてより詳しい情報が得られるため、患者さんの期待する情報が提供できます。

鳥取県内の9割のがん患者のデータを集計しています

鳥取県のがん診療連携拠点病院とそれに準ずる病院を合わせると、鳥取県全体の9割の患者さんの情報が集まります。その集計結果は県の特性に応じたがん対策を今後行っていくための資料となります。

鳥取県内の院内がん登録情報を管理するため、鳥取大学医学部附属病院がんセンター内に鳥取県院内がん登録情報センターが設置されました。当センターでは、登録情報の管理、解析、登録の質向上のための研修や支援を行っています。

そして、がん診療の実態や質の評価を公開し、医療従事者のみでなく患者さんやご家族のお役に立てるようにと考えています。どうぞみなさまでご利用いただきますようお願い申し上げます。