予防・検診

がん検診とは

がん検診は、身体にがんがあるかどうかを調べる検査です。また、がんが見つかった場合には、二次検診などで身体のどこにどんな種類のがんが、どれくらいの大きさであるかなどを調べ、どのような治療方法が最も適しているか方針を立てるのに役立てます。

検診の種類

がん検診は、対策型検診と任意型検診に大きく分けられます。

【対策型検診】

対策型検診は、ある集団全体の死亡率を下げるために行われるもので、市区町村が行っている集団検診(例えば住民検診や職域検診)が対策型検診にあたります。公共的な予防対策として行われ、公的な補助金が出るので、無料か自己負担が少額ですみます。受診者の不利益が最小になるような方法が基本とされています。市区町村や会社から委託を受けた機関が行うこともあります。
対策型検診のがん検診には5種類あります。
□胃がん検診 □肺がん検診 □大腸がん検診 □乳がん検診 □子宮がん検診
このがん検診は、厚生労働省が、検診の効果が科学的に証明されているとし検診を推奨しているものです。

【任意型検診】

任意型検診は、個人が自分の死亡リスクを下げるために受けるものです。人間ドックなどが任意型検診にあたります。基本的に全額自己負担のため、集団検診に比べて自己負担の金額は多くなります。基本的な検診内容の種類や料金、オプションで選べる検査の種類は、医療機関によって異なります。

どこで受けられる?

がん検診及び人間ドックは、各市町村や職場で受診することができます。受診できる種類、対象者、実施日、実施場所、費用負担などは、実施者により異なります。
詳しくは、お住まいの市町村や職場の健診・検診担当へお問い合わせください。

種類 対象 実施主体
胃がん検診 40歳以上の方 市町村
(職場でも受けられる場合があります。
勤務先にご相談ください。)
肺がん検診
大腸がん検診
子宮がん検診 20歳以上の女性
乳がん検診 40歳以上の女性
(2年に1度)

がんを防ぐための新12か条

がんは生活習慣や生活環境の見直しにより、予防できることが分かってきました。また、検診による早期発見、早期治療の徹底により、約半数は治癒する時代を迎えています。
この12か条は、日本人を対象とした疫学調査や、現時点で妥当な研究方法で明らかにされている結果を基に作成されたものです。
あなたのライフスタイルをチェック、そして今日からチェンジ!

1.たばこは吸わない
2.他人のたばこの煙をできるだけ避ける
3.お酒はほどほどに
4.バランスのとれた食生活を
5.塩辛い食品は控えめに
6.野菜や果物は不足にならないように
7.適度に運動
8.適切な体重維持
9.ウイルスや細菌の感染予防と治療
10.定期的ながん検診を
11.身体の異常に気がついたら、すぐに受診を
12.正しいがん情報でがんを知ることから

詳しい説明はがん研究振興財団のホームページを参照してください。
http://www.fpcr.or.jp/pamphlet.html

鳥取県のがん検診の実績

2013 がん検診実績(胃)[PDF(550KB)]
2013 がん検診実績(大腸)[PDF(490KB)]
2013 がん検診実績(肝臓)[PDF(1.4MB)]
2013 がん検診実績(肺)[PDF(750KB)]
2013 がん検診実績(乳房)[PDF(580KB)]
2013 がん検診実績(子宮)[PDF(1.1MB)]