大腸がんとは

大腸がんは、長さ約2mの大腸(結腸・直腸・肛門)に発生するがんで、日本人ではS状結腸と直腸ががんのできやすいところです。
大腸がんは、大腸粘膜の細胞から発生し、腺腫という良性腫瘍の一部ががん化して発生したものと正常粘膜から直接発生するものがあります。その進行はゆっくりです。大腸がんは、粘膜の表面から発生し、大腸の壁に次第に深く侵入していき、進行するにつれてリンパ節や肝臓や肺など別の臓器に転移します。

大腸がんの症状は、大腸のどこにどの程度のがんができるかによって異なりますが、血便、下血、下痢と便秘の繰り返し、便が細い、便が残る感じ、おなかが張る、腹痛、貧血、原因不明の体重減少などが多い症状です。中でも血便の頻度が高いのですが、痔(じ)など良性疾患でも同じような症状がありますので、早めに消化器科、胃腸科、肛門科などを受診することが早期発見につながります。

大腸がんの発見には、便に血液が混じっているかどうかを検査する便潜血検査の有効性が確立しており、症状が出る前に検診などで早期発見が可能です。早期に発見できれば完全に治る可能性が高くなります。少し進んでも手術が可能な病状であれば、肝臓や肺などへの転移(遠隔転移と呼びます)が認められていても、手術により根治(こんち)できる場合があります。切除が難しい転移が起こった時期に発見された場合は、手術に加え、放射線治療や抗がん剤治療(化学療法)が行われます。手術後に再発しても早い時期に見つかれば、切除により根治が期待できる場合があります。

大腸がんにかかる割合(罹患(りかん)率)は、50歳代から増加し始め、高齢になるほど高くなります。大腸がんの罹患率を年を追ってみると、1990年代前半までは増加し、その後は横ばい傾向にあります。大腸がんで亡くなる方の割合(死亡率)に関しては、1990年代半ばまで増加し、その後は少しずつ減る傾向にあります。男女とも、死亡率は罹患率の約半分であり、大腸がんの生存率が比較的高いことと関連しているといえます。

検査と診断

大腸がんが疑われると、がんのある部位や広がりを調べるために、直腸指診や注腸造影検査、内視鏡検査、CTやMRI検査、腹部超音波(エコー)検査などを行います。

治療

大腸がんの治療法は病期に基づいて決まります。内視鏡治療・外科治療・放射線治療・抗がん剤治など担当医と治療方針について話し合う参考にしてください。

引用:国立がん研究センターがん情報サービスリーフレット「大腸がん 受診から診断、治療、経過観察への流れ」より