肺がんとは

肺は、呼吸することによって肺に吸い込まれた空気がガス交換をする臓器です。口や鼻から吸った空気は気管、さらに気管支を通って肺に入ります。さらに気管支が分岐を繰り返して肺胞はいほうという小さな袋で、血液中の二酸化炭素と空気中の酸素を交換しています。肺がんは肺の気管、気管支、肺胞の一部の細胞が何らかの原因でがん化したものです。肺がんは進行するにつれてまわりの組織を破壊しながら増殖し、血液やリンパの流れにのって広がっていきます。

肺がんは喫煙との関係が非常に深いがんですが、タバコを吸わない人でも発症することがあります。周囲に流れるタバコの煙を吸う受動喫煙により発症リスクが高まることもわかっています。近年、肺がんは日本人のがんによる死亡原因のトップとなりましたが、まだ増加する傾向にあります。

肺がんの一般的な症状としては、なかなか治りにくい咳せき、血痰けったん、胸痛、呼吸時のぜーぜー音(喘鳴ぜんめい)、息切れ、声のかれ(嗄声させい)、軽度の発熱、顔や首のむくみなどがありますが、必ずしも肺がんに特有のものではありません。また、肺がんは進行の程度にかかわらずこうした症状がほとんどない場合もあります。

肺がんは、症状がなくても検診によって早期発見をすることができます。
肺がんは病変から採取した組織を顕微鏡で調べる検査(病理検査)の結果によって、主に腺癌せんがん、扁平へんぺい上皮じょうひ癌が ん、小細胞癌、大細胞癌に分類されます。
治療にあたっては、経過や治療方法、治療効果の違いから、非ひ小細胞しょうさいぼう肺がんと小細胞肺がんの2種類に分けられます。

非小細胞肺がんは肺がんの約85%を占め、がんの発生しやすい場所、進行のしかたとその速さ、症状などはその種類によって異なります。
小細胞肺がんは肺がんの約15%を占め、がん細胞の増殖のスピードが速く、転移(肺から離れたリンパ節、脳、肝臓、骨などにがん細胞が移動し、そこで増殖すること)しやすいがんです。そのため、発見時にすでに転移していることがしばしばあります。

検査と診断

肺がんが疑われるときには、胸のX線検査や喀痰かくたん細胞診、血液検査、胸部CT、腫瘍マーカー検査、気管支きかんし鏡きょう検査などを行います。
必要に応じて胸水の検査、経皮的けいひてき肺穿刺はいせんし・生検、脳のMRI、腹部のCTや超音波(エコー)検査、骨シンチグラフィー、PETなどを行うこともあります。

治療

肺がんの治療は、肺がんの分類(非小細胞肺がんと小細胞肺がん)と病期(ステージ)に基づいて治療法が決まりますが、がんのある場所、全身の状態、年齢、心臓や肺の機能なども総合的に検討して治療法を選択します。
担当医と治療方針について話し合う参考にしてください。

引用:国立がん研究センターがん情報サービスリーフレット「肺がん 受診から診断、治療、経過観察への流れ」より