前立腺がんとは

前立腺は男性の精液の一部をつくる栗の実の形をした臓器で、膀胱ぼうこうの下・直腸の前にあります(左右の部分に分けて、それぞれを左葉、右葉と呼ぶこともあります)。前立腺がんは、この前立腺の細胞が何らかの原因で無秩序に増殖を繰り返す疾患です。

前立腺がんは年齢とともに増加し、特に65歳以上の方に多く、80歳以上では20%前後の人に前立腺がんが認められるともいわれています。比較的進行がゆっくりで、寿命に影響を及ぼさないと考えられる前立腺がんもあります。しかし、中には比較的速く進行し、さまざまな症状や障害を引き起こすものもあります。
進行とともにがんは大きくなり、また、前立腺をおおっている膜(被膜(ひまく))を破って近くにある精のう、膀胱の一部などに広がっていくものもあります。がんがこのように広がることを浸潤(しんじゅん)といいます。

がん細胞は、リンパ液や血液の流れに乗って別の場所に移動し、そこで増殖することもあります。これを転移といいます。前立腺がんは近くのリンパ節(リンパの関所のような場所)や骨に転移することが多く、肺、肝臓などに転移することもあります。

早期の前立腺がんには特徴的な症状はなく、あるとしても同時に存在する前立腺肥大症による排尿の障害(尿が出にくい、回数が多いなど)や下腹部の不快感などです。また、前立腺がんは進行すると骨に転移しやすいため、腰痛などで骨の検査を受けて発見されることもあります。

最近は、症状がなくても人間ドック等で、腫瘍マーカー*の血液検査を受けて、前立腺特異抗原(PSA)が高値であることが指摘され、専門医を受診される方がふえています。前立腺がんは早期に発見すれば手術や放射線治療で治癒ちゆすることが可能です。また、比較的進行がゆっくりであることが多いため、かなり進行した場合でも適切に対処すれば、長く通常の生活を続けることができます。

検査と診断

前立腺がんが疑われると、PSA検査、直腸診、超音波(エコー)検査などを行います。PSAによる検診などでがんが疑われた方にも、多くの場合確認のため再度PSA検査を行います。前立腺の組織を採って調べた結果、前立腺がんであることが確定すると、がんの広がりを調べるためにCT、MRI、骨シンチグラフィーなどの検査が行われます。

治療

前立腺がんの治療としては、手術(外科治療)、放射線治療、内分泌療法、抗がん剤治療(化学療法)があります。また特別な治療をせずに注意深く経過を観察する場合(待機療法)もあります。前立腺がんの治療方法は、TNM分類、発見時のPSA値、がんの悪性度(グリーソンスコア)、患者さんの年齢や合併症、さらに患者さんの希望などを考慮したうえで最適と考えられる治療を選びます。
担当医と治療方針について話し合う参考にしてください。

引用:国立がん研究センターがん情報サービスリーフレット「前立腺がん 受診から診断、治療、経過観察への流れ」より